「日高式鰤大式網」の歴史

DSCF0139 (002)

DSCF0152 (002)

白黒(鰤大漁)



DSCF0133 (002)



画像の説明



画像の説明



small,画像の説明

「ブリ大尽の生涯」

"ブリ大尽"の呼び名で知られていた日高亀市は、現延岡市赤水の網元の家に生まれ育つ。
当時の沖合には1月から3月にかけて、毎日のようにブリの大群が押し寄せていた。
だが浜の漁民たちは、従来の1本釣り漁法に頼るしかないのが現状であった。
何とかこれをまとめて獲りたいというのが、亀市の父・嘉右衛門のかねてからの夢であった。

亀市はその意志を継ぎ、新しい漁法の考案に没頭する。1875(明治8)年、「ブリ沖廻し刺網」を完成させる。
翌年2月には一綱3千匹の漁獲を上げ、また翌月には7日間で5万匹を水揚げする。

しかし周囲がこの漁法を取り入れ始めたため、ブリの回遊量が減り、さらに改良した網改良した網作りが必要になって来た。
斬新な網をつくるには専門的知識が必要だと考えた亀市は長男・栄三郎を東京水産伝習所(現・東京海洋大学)へ入学させる。

※栄三郎は後に、貴族院議員となり政界人、文化人と交流をもった。

「定置網業の新時代」

91(同24)年、彼は東京水産伝習所を卒業した長男・栄三郎と共に、「大敷網」の研究に取り組み、失敗を重ねた末の翌年2月29日、ついに一網3千匹の漁獲に成功する。

こうしてブリ定置網漁業の新時代が幕を明ける。

1910(同43)年彼はさらに「大謀網」を考案、漁期を通し18万2千匹のブリを水揚げする。

画像の説明

亀市はこの成功によってばく大な利益を手にし、ブリ大尽として全国にその名を知られるようになる。
当時赤水に建てられた屋敷は「ブリ御殿」として現在も受け継がれている。

また、この大謀網は前年ロンドンで開かれた、日英博覧会にも出品され、見事1等賞の栄に輝く。

日高亀市はこうして築いた財産を、地域社会に還元し72歳で亡くなる。
ブリ漁にかけたその生涯を記念し、赤水湾を見下ろす台地に、彼の石像が建てられている。